お問い合わせ

CABIMATCH担当者宛
9時-17時 (土日祝日除く)

03-5766-0611

トライアルはこちら

お客様の声
導入事例

パナソニックLSエンジニアリング株式会社 様

導入背景・概要

『お客様設備価値の最大化』をご提案している当社では業務上、保管しなければならないメンテナンス用機材が多種・多量となっていました。

お客様へご提供する商材の為、出来ればすぐに持ち出せる場所へ保管しておきたいのですが 社内での保管にはセキュリティ上も管理上も問題があります。

そのような理由で、機材は倉庫に保管し引き合いのある度に持ち出している、という運用でした。

セキュリティ強化とお客様への迅速な対応を両立したい……
そんな課題を解決する方法を検討している際に、「CABIMATCH」を見つけました。

導入事例1

導入による効果

導入前
紙台帳による手書き管理により、時間や手間がかかったり、履歴がタイムリーに記録されないといった事もありました。

また、先述の通りお客様への対応に時間がかかることもありました。

また、ご提供商材とは別となる社内重要物の保管も、管理場所の鍵を上席が保有していた為
利用・返却に際しては上席の社内滞在が前提となっていました。

矢印矢印
導入後
セキュリティ強化と利便性の両立が出来ています。

自動で持出返却履歴が取得できる為、紙に記帳する必要がなくなり手間が省け、記入漏れもなくなりました。

提供機材を社内に確保することができ、お客様の要望に即応することが出来ています。

また、上席の社内滞在が無くとも安心して重要物を持ち出せるようになり当社の課題が一つのソリューションで解決できました。

お客様からのメッセージ

  • 選定に至った理由
    導入前の当社ニーズは
    ・運用が簡便なこと
    ・大小様々な機材が管理できる保管容量
    ・すでに導入している在庫管理システムと連動させることでした。
    これらのニーズを満たす為、個別に対応していただいた点が大きかったと思います。

    ・運用が簡便なこと
    「CABIMATCH」のコンセプトである「シンプル操作で誰でも手軽に!」の通り、通常のキャビネットを使う感覚で
    24時間自動で記録を取得できるという点を好感しました。この簡便さに興味を持ち、問合せました。

    ・大小様々な機材が管理できる保管容量
    社内検討を進めるうちにその当時の「CABIMATCH」サイズラインナップの容量では足りないという声が上がりました。相談時にその旨を伝えると、特注サイズ(※)での作製を快諾いただきました。
    ※現在の「CABIMATCH」サイズラインナップの「大型3」に該当します。

    ・すでに導入している在庫管理システムと連動させること
    CABIMATCH内に保管しているものはお客様へご提供する商材です。
    その為、全国各拠点に導入したCABIMATCH内の在庫状況を閲覧できること、
    お客様へ提供した際に、在庫管理システムと連動できるカスタマイズを希望しました。
    これらの要望への提案をいただき、運用方法が具体化しました。
    当初はシンプルに使えて、自動で記録を取ってくれる点から問合せを行いましたが、打合せを重ねるごとに出る追加要望に対して、運用イメージが明確となる提案をいただけたことも選定に至った大きな理由です。
  • 導入後の使用感
    ・メンテナンス用機材を箱にひとまとめにし、その箱にタグを貼って「CABIMATCH」内に保管。
    お客様へご提供した際に在庫管理システム上で「在庫処理」としています。
    こうすることで保管(在庫)⇒引合⇒持出・提供⇒出庫(在庫減)というフローが一気通貫で行え、目に見えて業務が効率化されました。こうした在庫管理システムとの連動も、導入前に打合せを重ねたおかげでスムーズに運用できています。

    ・容量も十分で、機材を一括管理できています。

    ・「CABIMATCH」の基本機能である持出履歴のCSVファイルを分析することにより、
    それぞれの機材のお客様からの引き合い数を可視化することが出来ています。
    各拠点ごとにお問合せの多い機材の算出、機材ごとの費用対効果が明確になっており
    当初想定していなかった効果も出ています。


    セキュリティソリューションというとどちらかと言えば守りのソリューションに思えます。
    もちろん、重要物の保管がメインではありますが、
    日々の業務の「ムダ」を省き、効率化を推進することにも活用できています。
    加えて、管理記録から備品の費用対効果を算出する、引き合いへのスピード感をアップしたなど、
    業務の強化=攻めの用途にも活用しています。

機能一覧基本機能一覧、キャビネット仕様については、こちらをご覧ください。

More →

各種お問い合わせ

PAGE TO TOP